2018-09-06

『誕護』デビューとデザイナーズショー♫


すっかりご報告が遅くなってしまいました....;;;

先月28日より3日間、東京ビッグサイトにて開催されていましたジャパンジュエリーフェアに出展してまいりました^^
今回は株式会社 松一 さんとのコラボレーション企画『誕護 tan:go』のお披露目もあり、ブースのセッティングは白を基調にした和の雰囲気で。初日には華やかにドレスアップしたミス日本グランプリの市橋礼衣さんが来て下さり、ブースのPRをして頂きました*(^-^)*






変型・酸化に強く、アレルギーの起きにくい特殊医療合金を素材にしたベビーペンダントとオーナメント。オーダーを頂戴してからお子様の御名前と生年月日を毛筆体で刻み、お届けいたします。和に特化したアニバーサリーというコンセプトに興味を持って頂いた業者様もあり、色々お問い合わせ等頂きました* 
直営のウェブストア「マツイチ商店」にてオーダー開始しておりますので、
ぜひご覧頂けましたら嬉しいです☆


『誕護 tan:go 特設ページ』
www.matsu-ichi.co.jp/tango/


マツイチ商店webストア
https://matsu-ichi.stores.jp/




そして最終日の午後はデザイナーズジュエリーのランウェイショーがあり、朝からフィッティングとリハーサルで大忙し。

新作リングのマルハナバチを着用ジュエリーに提供していたのですが、フィッティングで着用数を増やすことになり、ジュエリーを乗せたトレーを抱えてバックステージとブース間を往復(最後の方はほぼ小走り^^;) 
モデルさんの衣装替えやステージを歩く時間を逆算しながら流れを確認し、最終的にモデルさんと並走しながらジュエリーの着脱をさせていただくことに。失敗のゆるされないライブイベント、緊張します....!!





こちらが着用ジュエリー。
会場に持ち込んでいるコレクションはどれも1点ものですので、ブースに展示しているものを持ち出して衣装合わせし、着用分以外は(ダッシュで持ち帰り)戻し陳列、というバタバタの舞台裏でした(笑)




今までもファッションショーでジュエリーを着用して頂く事はありましたが、スタッフとして本番中のバックステージに入れて頂くのは初めて(*o*);;;
お邪魔にならないよう、スタッフの皆さんと隅っこで待機しショーの開始とともにバックヤードとステージ前を走り回る.....というとてもレアな体験をさせて頂きました。ショー独特の熱気に溢れたバックヤードではディレクターやスタッフさん達もとても親切で、ジュエリーの扱いも気をつけて下さり有り難かったです(^-^)お世話になりました♫




ショーの様子がこちらです♪










Bumblebee(マルハナバチ)のリングと、Catfish(キャットフィッシュ)のネックレス。どちらもタンザナイトをメインストーンにしています。ゆらゆら揺れるイヤリングはクラゲのイメージです♫

動画はこちらからご覧頂けます。
https://youtu.be/Xa2qtZf98Mo?t=8m40s




2018-08-23

思い出のデザイン


先日完成しました、エメラルドのクチュールリング。
御母様の形見分けのエメラルドリングをリデザインさせて頂きました。

サイズがかなり違ったためお直しでなく新たにお作りする事になり、元々のリングもしっかりとした手作り品で、ジュエリーがお好きでいらした御母様のこだわりや、当時の職人さんの技術を伺い知る事が出来ます。
なるべく元のイメージを崩さない方向で、ディテールやフィット感を少しアレンジさせて頂き、アールデコ調のクラシカルなデザインにお仕立ていたしました。




腕の立ち上がり部分に留めてあったダイヤモンドをプリンセスカットの脇に並べ、エメラルド枠の側面にメレダイヤを加えた以外はほぼ、元のデザインに近いイメージでお作りさせて頂きました。

新しいデザインを求めていらっしゃる方にはワクワクして頂けるようなご提案を、思い入れのあるデザインを大切にされる方にはそのイメージを崩さないようなご提案を。御客様それぞれのご希望に合わせたジュエリーをお仕立てするのも、リデザインの醍醐味の一つです*(^-^)*



2018-08-15

ベビージュエリー『誕護 tan:go』発売のお知らせ♫


We delight to annaunce you that new baby jewelry "TANGO"  will launch 2th Sept ! new concept that combines Japanese tradition with western anniversary customs.... will start to order on 2th September. Please check this out!



このたび精密機械研磨の企業、株式会社松一さんとコラボレーションさせて頂き、特殊合金のベビージュエリー『誕護 (たんご) 』を9月2日にローンチさせていただく運びとなりました*





コンセプトは "和"と現代ジュエリーの融合。日本の伝統祭事である端午の節句や掛け守りのように、赤ちゃんの健やかな成長を願う気持ちを込め「凛々しさ」「逞しさ」を連想するデザインを目指しました

そして開発にあたって核にしたのは、
ありそうでなかったコンセプトであること、(宝飾畑の自分にとって) 未知の素材の魅力を引き出すこと、手にした方が時間を超え喜びを感じて頂けること。

この辺りはまたブログで少しずつお伝えしてゆければと思っております*


先日ようやくサンプルが上がり、FB&マツイチ商店のウェブショップページも現在作成中..…最後の追い込みに加えJJFの準備と例年になく慌ただしい8月となりました^^;
完成品のヴィジュアルや詳細など、またこちらでも随時お知らせしてゆきたいと思います(^_-)*


まだまだ続く猛暑に加え、台風や豪雨と年々過酷になる夏。皆様どうぞ体調気をつけてお過ごしくださいますよう(^-^)




























2018-07-31

涼しのうつわ

A mini plate of glass, feel a coolness from visually...pastel color and clarity with bubbles heal the heat of this season^^.



ガラス作品を長年製作されている顧客様の個展にお邪魔しましたら、
とても素敵なパステルカラーの小皿に出会いました♡

わずかに残したマットなテクスチャーと淡い色調が優しく、涼しげなうつわ。
まっしろな和菓子に緑の葉を添えても映えそう....と盛りつけの楽しみが広がります^^  

主にパートドヴェールという手法で製作される作品は、日用品から型取りした前衛的なプレートや、地球の自転を利用し気泡が渦を描くように残る不思議なオブジェ等バリエーションに富んでいて長年製作されていらした集大成の趣です。製作方法を伺うのもとても興味深く、涼しげな作品に囲まれて爽やかな気分を味わえました*^-^*






2018-07-20

1Dayサロンのお知らせ☆


明日21日は成城ギャラリーにて「1Day サロン」を予定しております♫
暑さ一層厳しくなりそうな週末ですが、先日静岡にてお披露目した新作もご覧いただけますので、お気軽にお寄り下さいませ (^-^)*




Tamako Tsuda 1Day Salon
OPEN:   13:00- 18:00  (今月は通常より1時間早いクローズとなります)
成城ギャラリーツダ:世田谷区成城2-39-2, 1F 
https://goo.gl/maps/FPpXaaE4zRr




ブルージルコンのマルハナバチ。センターストーンのブルーが羽に反射して、
色が映り込むようデザインしています^^



2018-07-18

『Jewelry & ART の世界』展

今月の14日から3日間、静岡タカラ堂さんにて、ジュエリーイベント『Jewelry&ARTの世界』を開催させて頂きました♪
こちらで展示会をさせていただくのは2回目、期間中はあいにくの猛暑日続きでしたが、お暑い中にもかかわらずお運び頂いた御客様、前回購入頂いたジュエリーを着けて遊びにいらして下さった顧客様や、コレクションのストーリーを覚えていて新作を楽しみにして下さった方、新たにご興味持って下さった方などなど^^スタッフの皆様もフレンドリーで色々助けて下さり、とても居心地の良い空間の中でイベントを終える事が出来ました♫

またこちらにお邪魔させて頂ける機会を楽しみに.....有り難うございました*(^-^)*




会場風景。中二階のフロアに設置して頂いたケースは、
明るいブルーをアクセントにした涼しげなイメージ*





Vanisihing Worldシリーズより、こちらはアカウミガメのブローチです。






作品世界のイメージで作っていただいたフラワーアレンジメント。淡いピンクのトルコキキョウやクリーム色のカサブランカ、ペールカラーのアレンジが素敵でした♡

2018-07-09

【復旧いたしました メールサーバ不具合のご連絡】


There was a recovery contact of the server where the problem occurred. 
Website and e-mail are in operation, however just in case when no responce for  your inquiries, please contact us to using SNS such as Facebook, Messenger, Instagram.
We are sorry to continue worrying you, please continue your favors. thank you*


ご不便おかけしていたサーバの復旧連絡がございました。ウェブサイト、メールともに稼働しておりますが念のため、ご連絡に回答のない場合は大変お手数ですが、Facebook、Messenger、InstagramなどSNSからご一報頂けますと有り難いです。
引き続きご心配おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


-------------------------------------------


We apologize that large-scale troubles of servers continuing since the weekend have not yet been recovered, and websites and e-mail addresses are still unusable. 
We are sorry for your inconvenience to customers who browsing our site.
In addition, since it is possible to promote messages from facebook and Instagram, contact us and inquiries, we hope that you can use it.
As soon as restoration, we will let you know.
Thank you.


週末より起きていますサーバの大規模不具合が未だ復旧しておらず、ウェブサイト及びメールアドレスが未だ使用出来ない状態でおります。日頃サイトを閲覧頂いています皆様にはご迷惑おかけし、誠に申し訳なく存じます。
またお問い合わせ、ご連絡はFacebookからメッセージ送信が可能ですので、ご利用頂ければと存じます。
復旧次第、お知らせさせて頂きますのでご不便おかけいたしますがもうしばらくお時間頂きますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


2018-07-08

Summer greetings☆

just preparing summer greetings....☆



暑中お見舞いの準備中。
お届けまでもうしばしお待ち下さいますよう.....♫













2018-06-29

製作風景、機械造形に思うこと







完成間近のマルハナバチ達。石留めが終わりフィッティング&細部をチェックして最後の仕上げにまわします(^-^)

マルハナバチのシリーズは青系の石を選んでおり、今回使用したのはペアシェイプのタンザナイトとサファイア、オーバルカットのブルージルコン。ジルコンは不憫にも合成石のキュービックジルコニアと混同されがちな宝石ですが、ダイヤモンドと同じ金剛光沢を持ち屈折率も高い事から古代より宝飾品に使われている天然の宝石で、明るい水色は光を取り込んで強い輝きを放つのが特徴です。

まだ仕上げ前なのでモノクロスナップですみません....(^ ^;)完成しましたら、展示会&1dayサロンにてお披露目予定でおります*






クッキー生地のように延ばした、それぞれK18イエローゴールド、K18ホワイトゴールド、プラチナの板材。ハチの羽をレーザーで切り出した残りです。こうして見ると型抜きしたように見えますが元になる金型はなく、レーザー光で板を焼き切って抜き出してゆくのです。
以前は金型を使って切り抜く際には数をまとめて作らなければならなかったパーツも、使う宝石やデザインにあわせ一つひとつ羽のサイズや内側の模様のアレンジが可能となったのは嬉しいテクノロジーの進歩です。


少し専門的な話になってしまいますが、先日国際展示場にて行われていた機械要素技術展でレーザー機や付加製造機の最新版を色々視察し、幾つか展示されていたレーザーカッティングの機械や切り出しサンプルなども見せて頂きました。(余談ですが、"付加製造" の方は、最近では Additive Manufacturering "AM"というそうです。3Dプリンティングという言葉も金属造形にはそぐわないように感じていましたし、日本語の"付加"よりこちらの"add"という方が製造イメージが的確に伝わるのが面白かったです)

ジュエリーも分野としては製造業に入りますので、テクノロジーを取り入れる =量産、効率化、という近代産業のイメージを持つ業者さんも多いのですが、先程の羽パーツのように使い方によっては個々の趣向に合わせたクチュールメイドのものづくりにも役立てることができますので、今の技術でどんな事ができるのかはなるべくチェックすることにしております。
私が自分のアトリエのジュエリー制作を職人さん達のハンドメイドベースにこだわっているのは、その方法でなければ納得できる美しいフォルムが生み出せないというのが一番の理由ですので、機械造形すべてが否なのではなく、美しさを生み出す感性を機械造形にどこまで反映させられるかが重要と捉えております。例えばレーザー機のようなテクノロジーは使う技術者さんの熟練度で可能性がとても広がりますし、ものづくりの根幹が揺るがなければ新しい機材を導入してゆくことにも、吟味はしつつ常にポジティブでありたいと思います*(^-^)*








2018-06-25

1day Salon スケジュール


先週末は月に一度のペースで開催していますトランクショー。今年に入ってからは有り難いことに毎回ご予約を頂戴しており、小さなスペースなのでBlogやSNS等では告知を出しておりませんでした。
が、やはりご興味持って頂けた方にジュエリーをご覧頂ける機会はきちんとお知らせしなくては...と、改めて次回よりこちらでもお知らせを掲載してまいりたく存じます(^-^)






新作コレクションの世界観をアートとして表現しています春・秋の個展とはまた違った、ゆる〜い雰囲気の中でお客様とのコミュニケーションに重きを置くこちらのサロン、次回7月&8月のスケジュールは上記の通りです。秋以降はまた随時更新させて頂きます。


ちなみに小さなこだわりですが、"トランクショー"として始めた2005年当時は、NYのデザイナーさん達が自らコレクションをトランクに詰め店頭でお披露目していた簡易イベントをイメージして名付けていましたが、現在では日本でも受注会を指す言葉として定着してきたため、サロンのように宝石やジュエリーについて皆様と気軽にお話しさせて頂ければ、という意味合いをこめて
1 day Salon」と呼びかたもリニューアル♫
コレクションの他、見本市等で出会ったレアな宝石ルースもタイミングによってご覧頂ける機会があるかもしれません^^


☆ OPEN中はご予約なしでお寄り頂けますが、アポイントと重なる場合はご予約の御客様を優先させて頂きますため、ご理解頂けますよう、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます*


2018-06-02

GemHunt@東京ミネラルフェア


Gem hunting at Tokyo mineral fair!
I got some beautiful Non-heated Sapphires ...Very vivid Magenta Pink, one of them is almost red. They will be used for new collections or wear platinum and diamonds as a aristocratic style jewelry (^-^)*


新宿で開催されているミネラルフェアの初日に行って参りました。どちらかというと鉱物の珍しいものや化石がメインのこの展示会ですが、馴染みの業者さんが出展しているのでここ何回かは顔を出しております^^

エンドユーザーも多い会場は活気があり、業者さんのブースもコレクターと思しき方達で盛況の様子。国際宝飾展のように接客スペースがない作りの会場ではテーブルや椅子はなく、1点ずつルーペで石を確認するのが難しいのですが、有り難いことに社長さんがスタッフスペースに入れて下さったので早速フロアの段差に座り込み、スタッフの皆さんの邪魔にならないようこそっとスタンバイ。

非加熱コランダムの美しいルース(裸石)を幾つかチェックし、鑑別書の付けられるクオリティのものを選んでゆきます。
表面キズは勿論のこと、内包物や色ムラもなるべく少ない方が良いのですが、総合的に見て美しいと思えることを重視しています。




画像が粗く申し訳ないのですが;;;
今回一目で心奪われた(笑)サファイア。ビビッドなマゼンタピンクを持つ別のピースと比較して更に赤みが強く、レッドサファイアと呼べる色味です。今年の新シリーズに、と思っていますが、敢えてダイヤモンドとプラチナで飾るクラシックなデザインに仕立てても素敵かしら...などと迷ってしまいます♡


宝石ハンティングを完了し、帰り道で見かけた丸い石を黙々と割る職人風の方。興味をそそられつい伺ってしまいましたら、ノジュールという化石の石を割るイベントの準備中との事。この化石が形成される過程や、風土によって採れる状態が違ったりというような専門的なお話が楽しく長々お邪魔をしてしまいましたが、割ったばかりのカルセドニーの写真も撮らせて頂きました♫有り難うございました^^





淡雪のような色とモコモコした形が可愛らしいカルセドニー。ここから研磨してモコモコだけ取り出したいです...(*w*)






2018-05-03

Whisper of materials@東京ステーションギャラリー

前回のお知らせから1ヶ月、久々の更新になってしまいました^^;

工房での打ち合わせ帰りに少し時間が出来たので、東京ステーションギャラリーにて開催されている建築家 隈研吾氏の展覧会「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」を鑑賞してまいりました。

会期終盤(6日までの)に加えてGW中とあってかなりの混雑でしたが、代表建築を図面や実寸模型と共に公開、会場内は全て撮影OKという、隈氏の制作コンセプトを肌で感じられる貴重な体験でした。








初めて目にした時に度肝を抜かれた『地獄組み』の実寸模型。杉材の直線が持つシャープさと複雑な組み構造が相まって、至近距離で眺めていると目眩を起こしそうな迫力;;;






スターバックスカフェ 太宰府天満宮表参道店の縮尺模型を内側から覗いたスナップ。外壁がクリアになっているので内部まで続く木組みの様子がわかります♫






杉材の伸縮に逆らって組むことで建物の歪みを抑え強度を増すと言われるこの構造、理論ではわかっていても実際に一本ずつ削って組み合わせてゆくことを想像すると....緻密な作業工程に溜息が出ます(*o*)









まるでクラゲの内部にいるかのような移動式茶室「浮庵」。
超軽量のオーガンジーは人が通るたびにふわふわと揺れ、浮遊感を醸し出しています。ちょうど新茶の季節、この茶室で野点をしてみたら素敵でしょうね^^














会場に掲げられていた隈氏の言葉。ものづくりに携わる自分への訓として*








おまけスナップ。会場の東京ステーションギャラリーは歴史建築としても楽しめます。レトロな趣のあるシャンデリアは、建設当時の華やかさを感じさせます♪













2018-04-12

御客様へのお知らせ



Brooch- "Tarte de fruits"  Collection 2004 -Des Sucreries-




日頃は Tamako Tsuda のジュエリー/アートをご愛顧下さり、誠に有り難うございます。

今年3月下旬より、弊アトリエにて制作のブローチ「Tarte de Fruits (タルト・ド・フリュイ) 」に類似する商品群がインターネットにて販売されている事案が確認され、御客様・御取引先様への混乱や誤解を防ぐため、こちらにてご案内をさせて頂きたく存じます。
(現在、商品群は当該ページより削除されております)

当該ブローチ「 Tarte de Fruits 」は、職人によるハンドメイド一点物となっており、現時点で同様デザインでのアイテム展開、またいかなるライセンス商品のシリーズ展開も行っておりません。

既に類似のご指摘を頂いた方々には感謝申し上げますとともに、事実確認の為皆様へのご報告が遅くなりました事、お詫び申し上げます。


今後とも、より魅力的な作品の制作に精進して参りたく存じます。
変わらぬご愛顧の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



AU PIED DE L'ARCENCIEL
津田珠子









2018-04-05

【掲載のお知らせ】

published in J.K.S. NEWS on April 1.
4月1日付 時宝光学新聞社 2面に、先日の個展の様子を掲載頂きました。 
感謝申し上げます☆






2018-03-31

新作アート展終了いたしました


更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。
春のジュエリーアート展、無事終了いたしました。

例によって搬入日は雨、初日は数年ぶりに雪Σ(*o*)!!
雪女のジンクス、未だ健在のようです...(笑)


それでも足元悪い中、傘を手にお越し頂いた方、会期後半には気温も上がり春らしいお天気にお花見がてらお寄りいただいた方。
また、お作りしてから10年程経ったジュエリーのクリーニングや、製作当時にはなかった新しい機能に調整したりと、何年か毎にメンテナンスをさせて頂きながら近況を伺い、色々な話題に花を咲かせるのも楽しみの一つです*(^-^)*
ゆったりした雰囲気の中、皆様と豊かな時間を共有させていただけた充実の5日間でした。

お運び頂いた皆様、有り難うございました !!






今回は2009年のパステル連作に加筆し、より鮮やかな色合いにブラッシュアップ。会場壁面に掛けてみました。



有機物に人の手を加えた "不自然な自然" をディスプレイの演出に。
デザインしたジュエリーの持つ世界をいかに会場で表現するかということに対し、今回初めてお越し下さった業界の社長さんに、「うん、こういうことなんだよね。」と共感を頂けたことがとても嬉しく、毎回演出に苦しむこのアート展ですが、続けてゆく励みをいただきました。






今回の新作と最初のドローイング。
ラフなスケッチですが、製作時には精巧に描いた製図よりもドローイングのイメージを優先する事が多く、出来上がりの雰囲気を決めるポイントとなります。ぽってりとしたシルエットが表現できているでしょうか?^^







2018-03-19

Sneak peek*






製作風景その2。
個展2日前、現在新作ジュエリーは仕上げの段階に入っております^^;
写真はマーブル模様が美しい、カボションカットのタンザナイト。
さてどんなアイテムになるでしょう....?

完成まであと少し。無事、お披露目できますよう...☆

2018-02-18

お知らせ【春の個展】

来月21日より開催の新作ジュエリーアート展、お知らせをウェブサイトにアップいたしました♫
Blog右側のアイコンボタン、またはこちらのリンクからご覧ください。

http://www.tamakotsuda.com/information/



場所は昨年と同じ青山・ペリーハウスギャラリー。寒さ緩む季節、お気軽にお寄り頂けましたら幸いです *(^-^)*



新作のヴィジュアルは個展にてお目見え予定ですが、こちらに少しだけ製作風景を。




鮮やかなグリーンの眼に使う石を選定中。
グリーンガーネットとエメラルド、緑の宝石でも色のニュアンスが違うため、ベースのメタルや他の石と合わせてみて色映えをチェックしています。





センターストーンに使う予定の、カットが美しいタンザナイト。
このデザインはかなり複雑なフォルムのため、スケジュールはギリギリの完成になりそうです。(毎回言っていますが) 間に合うでしょうか....^^;

2018-01-29

IJT終了しました♫


思わぬ寒波の到来で雪に見舞われた先週の国際宝飾展、交通が大幅に乱れ、会期中は出展社も来場の方も会場に辿り着くのが大変でした...^^; が、何とか無事に終了いたしました!

昨年の12月、香港から戻ったタイミングでお声かけ頂き急遽の出展となりましたが、お世話になっているクライアント様や新規の御客様、昔の職場の方たちも尋ねて下さり、沢山の出会いに恵まれた4日間でした♪
お運び下さった皆様、有り難うございました*



今回も大活躍だったディスプレイ☆
皆さん本物のお皿と思いびっくりされていました(>u<)♪




壁面のサイズがわからなかったので装飾が出来ないというハプニングもありましたが、会期当日にスカーフを飾ってしのぐという(笑) デザイナー仲間にどうやって作ったの?と尋ねられたこのスカーフ、ブランド設立10周年の記念に製作したオリジナルプリントです^^









こちらはおまけスナップ。会場の休憩スペースに御茶処が♪





3日目の閉館時に突然始まったプロジェクションマッピング。
ビッグサイトの逆三角錐に映像が投影され、幻想的な一瞬でした。




2018-01-19

冬の諏訪湖




国際宝飾展を来週に控え、準備もまだ全然出来ていない状態ですが(^_^);  諸々山積み状態のアトリエから一時脱出して日帰り出張 in 諏訪。お打ち合わせまで時間があるため、諏訪湖の畔にある北澤美術館へ足を伸ばしてみました。

この美術館のメインコレクションでもあるアールヌーヴォーの技工を尽くしたガラス作品も魅力ですが、今回のお目当ては日本画家 山口華楊の『白狐』。枯色を背景にこちらを向いて鎮座する白い狐の姿が穏やかで神々しく、十年程の間隔でふいに思い出しては観たくなる不思議な作品です。



雪よけの一種でしょうか、雪吊とも冬囲いとも違う.....ひらべったい何か(*w*)?
リズミカルに並んでいます*




流木が凍った湖面に浮かぶ、冬の諏訪湖。
暖かく晴れた日なので氷は薄く、氷上を歩いていた鴨も途中で泳ぎ始めてしまったので斑に凍っている様子。もう少し寒くなると冬の風物詩 "御神渡り" が見られるかもしれません^^







お打ち合わせの後に連れて行って頂いた、諏訪ガラスの里の美術館。撮影OKな現代ガラス作家さん達の作品が広々とした空間に展示されている様は圧巻でした。
美しい蝶の群れを作品にしたこちらの作家さんの御名前、失念してしまいました(>_<);

 こちらは樋口主明の作、パート・ド・ヴェールで製作された大きなキャベツ。葉の一枚ずつが独立して立つユニークなデザイン♫