2019-03-09

学び週間


フランスのジュエリーメゾン ヴァンクリーフ&アーペルが創立した、ジュエリーと宝飾芸術の学校「L'ecole (レコール)」のワークショップと講義を受けてまいりました。
未来の職人やデザイナーの育成にとどまらず、ジュエリーの文化としての側面を世界に伝えてゆく他に類を見ない 教育機関のレッスンを日本に居ながら受けられる貴重な機会、かなり前からカリキュラムを組んでこの一週間を講義に充てていたのですが、スケジュールの間に急遽国内での工場視察と打ち合わせが入り、図らずも全くベクトルの違うものづくりの現場を連日体験する事になりました(*o*)



まずはレコールにて、姪が受講する子供を対象にしたクリエイティブ・ワークショップにつきそいました。レッスン前に開始を待つラウンジではドリンクや軽食がサーブされ、朝から優雅な雰囲気^^
キッズクラスといっても決して子供が喜ぶような会場演出にしているのではなく、大人の社交場に招き入れることで、小さいうちから本物のエレガンスを感じさせる、というフレンチメゾンとしての哲学が感じられます。
そして授業では様々な素材を自由に使ってジュエリー制作に取り組み、ものづくりの楽しさや自己表現を学びます。徹底して"自分はどうしたいか" を意識するスタイルは側で見ているだけでもワクワクしてしまいます** 






淡いブルーで統一されたガイドブックと教材。ワークショップの最後には、名前を入れた修了証を一人ずつに渡してくれます。展覧会のカタログも一式、ブルーのバッグに入れてプレゼントしてくれるのはさすが。
英語とフランス語、日本語が飛び交う賑やかな空間で、初めて会うお友達と助け合いながらジュエリーづくりを楽しんだ姪にとって、このレッスンが "クリエイション" の原体験になっていたらとても嬉しいなと思います^^



そして自分のクラスは宝石学とサヴォワフェール(職人の手仕事)。
宝石学では基礎的な宝石の概念を学んだ後、ジェモロジストの先生に偏光器や屈折計の使い方を教わりながら4時間で石の鑑別を進めてゆきます。
今まで感覚的に判断していたカラーストーンの印象や違和感(長年宝石を見ていると身につく経験値のようなものですね^^)を理論的に証明する方法を基礎から学べたのはとても有り難く、何より先生とのディスカッションの中で「大切なのは直感を信じる事。つまり鼻を利かせる事」と科学的判断の対極ともいえる感覚的な言葉を頂けた事に感動しました。



翌日は日帰りで工場へ。現場にお邪魔してシステムや技術を見せていただきつつ、新しいデザインを生み出す為の開発ミーティングを行います。
整然としたラボの雰囲気から一転、切削やプレスの音が響く工場内を隅々案内していただき、最新機種から年代物まであらゆる用途の機械を見たり、時に実際に動かしたり。ものづくりのコアな部分は極秘ですが、写真OKなものをいくつか載せております^^





こちらはプレス機の森。よく見るとお一人、職人さんが作業中...。




新しい機種のはずなのに、ショコラ色の塗装がレトロに見えてしまう鋳造機。マカロンみたいなフォルムも相まってカフェに置いても違和感なさそうな可愛らしさです(笑)





一日がかりの工場視察から戻り、翌日はサヴォワフェール(職人の手仕事)のレッスン。
ジュエリー製作に必要な工程の幾つかを実際に体験させてもらえます。実は私、今までに一度も実技の講習を受けた事がないのです....。グレイバーを握るのも初めて^^; ツメを起こす練習、比較的柔らかいシルバーでこの有様(>_<)








ワックス削りも初体験。先生に「なんでやったことないの〜?!」と驚愕され、ノコギリは非力すぎてブレードが微動だにせず.....せめて形だけでも、とスタッフの方が写真を撮ってくださるもやはりぎこちないですね(+_+)
ちなみに借りた白衣が大きすぎて「うん、袖がぶかぶかだね」としっかり笑いは取れていました。^^;




唯一まともに出来た磨き作業。日本の工房でも絹糸を使って磨き上げたという話は聞きますが、こちらのメゾンでは黒い子豚やヤギの毛を使っていたそうです。

大学で美術史や博物館学を専攻していたため一般的なジュエリーデザイナーのように宝飾専門学校を卒業していない私は、恥ずかしながらワックスやシルバーでの造形はおろか道具も使った事がなく、言わば基礎教育を受けずに現場で学ばせていただいた経験値だけで積み上げて来ていたのですが、知識として理解してはいたものの、シルバーを削る大変さや磨きの作業の難しさなども実感を伴って経験できたことはとても新鮮でした。
そして、短い時間の中でも様々な技術的な秘密を見せていただきながら、それらすべてが "ジュエリーを美しく見せるため" に生み出され今も継承されているということ、一世紀以上の歴史を持つハイジュエラーの奥深さに触れ、感動を覚えました。
もし機会があるなら、パリの本校もぜひ訪れてみたいです* (その前にもう少し英語を頑張らねば...笑)





おまけのスナップ♫
4時間の講義は途中休憩の時間が入ります。集中しているとかなりお腹もすいてきますので、グループになった皆さんとのおしゃべりを楽しみつつ、お茶とプティフールでエネルギー補給(*´w`*)



2019-02-27

春の個展 -Goûtez les couleurs-

一ヶ月ぶりの更新、春の個展のご案内です^^
3月27日〜31日まで、青山 ペリーハウスギャラリーにて個展を予定しております。今回の新作は、 “Goûtez les couleurs (色彩を味わう)" と題し、ワインがグラスに注がれた瞬間に広がる香りや音、グラスに映る色と光を "愉しむ" 感情をジュエリーで表現いたしました*

またお菓子をモチーフにしたシリーズ "Des Sucreries" より、お好みの""を選べるミニ・キャンディも個展限定にて登場します。

コレクションラインと並んで手がけていますクチュールジュエリーの楽しみ方を、よりコンパクトに体験していただければと考えておりますので、ぜひお気軽にお寄り下さいませ *(^-^)*





A new creation by jewelry designer Tamako Tsuda who attempts approach to human memory and emotion through jewelry.
This time with the theme "Goûtez les couleurs - taste color",  are expressing "joy" that loves the fragrance, sound,  born at the moment when wine is poured to the glass,  the color and light reflection on the glass .
 Also from the series "Des Sucreries",  launch "Mini Candy", you can choose your favorite taste.
We would be pleased if you could look at delicate jewelry works that unique shapes and colors interwoven.



TAMAKO TSUDA  Jewelry ART Exhibition
2019年3月27日(水)〜3月31日(日)  11:00~18:30 (最終日は17:00終了)
会場:ペリーハウスギャラリー (東京都渋谷区神宮前4-23-6, 2F)

地図:https://goo.gl/maps/HYn8gv2z3tL2

2019-01-23

一月の 1day サロンご案内 ♫


厳寒の候、流感が今年も猛威を振るっておりますが、皆様体調など崩されてはいらっしゃいませんか。
アトリエでは遅れ気味の新作コレクション製作で慌ただしい毎日のおかげか、風邪も引かずに過ごしております(^_^;;)

さて今週土曜日は、月に一度の1dayサロン "AU PIED DE L'ARCENCIEL"。
(フランス語で「虹の麓」を意味します*)


成城のギャラリースペースで行っていますこのミニイベントは、ご予約無しでコレクションの一部をご覧頂けます他、ジュエリーについての様々なご相談も伺っております。

宝石やジュエリーに興味はあるけれど、なかなかお店には入りづらい...という方や、お手持ちのジュエリーについての困り事などもご相談頂ければ幸いです。ぜひ、お気軽に遊びにいらして下さいませ*
(※時間によってアポイントの御客様を優先させて頂く場合がございます)






また、オーダージュエリーはお手持ちの宝石を活かす "リデザイン" も承っております。日常使いいただけるシンプルなものからこだわりのハイジュエリーまで、お客様の趣向に合わせたデザインでご提案いたします。こちらに幾つか、写真をご紹介させて頂きます♫



3点共にお手持ちの石を日常使い頂けるデザインにと製作させて頂いた、顧客様のコレクション^^


指輪の形を残したまま御守りのように着けられるジュエリーに、というご希望で製作させて頂いた2つのペンダント。お客様の想いを出来るかぎり叶えるかたちで、通常の枠に留め替えるリフォームとは全く違うアプローチで一つひとつのジュエリーを作ってゆきます☆





1 Day Jewelry Salon " AU PIED DE L'ARCENCIEL "
1月26日(土) OPEN:   13:00- 19:00 
成城ギャラリーツダ:世田谷区成城2-39-2, 1F 

2019-01-01

明けましておめでとうございます




 Happy New year!! May all your wishes come true*

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。
 旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
 新たな年も健やかで幸せに満ちたものになりますことを祈念申し上げます。





【 1Day サロンのお知らせ 】

2019年最初のサロンは1/26(土) 13:00~19:00
成城ギャラリーにて予定しております。ぜひお気軽にお寄り下さいませ*


【 春の個展 】

2019年3月27日(水)〜31日(日)  会場:青山ペリーハウスギャラリー





2018-12-31

今年もあとわずか...

今年最後のBlogは大晦日の更新となってしまいました;;;
アトリエの掃除は片手間に、休み中に仕上げなければいけないデザインスケッチと画像データの整理で年が明けてしまいそうです(^-^;)
少し時間が経ってしまいましたが、今回は月初めに訪れていました見本市で出会った宝石のことなど。

見本市ではまずクオリティの高いルースを用意してくれる馴染みの業者さんのブースへ。こちらは何時も大勢のバイヤーで混雑しているのですが、社長さんがスタッフスペースに即席のデスクを設けて下さりじっくりとルース選定させて頂けるので本当に有り難いです♫








無処理のカラーサファイア。レモンイエローよりもっと淡いシャンパーニュカラー、ぽってりと深めにとったクッションカットが光を採り込んで強烈に輝きます(*o*)
加熱処理を施さず、そのままでも充分に透明感のある美しいルースはスリランカで採掘されたもの。他にもマダガスカル、モザンビークなど採掘地が明確にされているルースの中からインクルージョンや色ムラの少ない、美しいものをピックアップしてゆきます。
その素材がどこから来たのかを遡って追跡可能な 「Traceability(トレーサビリティ)」 の観点は、宝石においても例外ではない時代になってきていると最近特に感じます。

少し話が横道にそれますが、
今年9月にダイヤモンドの最大手企業デビアス社が発表した人工ダイヤモンドのブランド「Light Box」を今週になって日本のメディアが "養殖ダイヤモンド" という造語で紹介したため(個人的には生命のない鉱物に"養殖"という日本語を充てるのは非常に違和感を覚えますね...^^; )販売時に消費者への混乱を招くのではと業界内で懸念されておりました。
技術の発展に比例して合成品や模造品、類似品がますます増えるであろう今後、お客様に安心してジュエリーをお楽しみ頂くためには、ファッションや食品の分野で広く浸透している「トレーサビリティ」をジュエリーにも積極的に組み込んでゆくのが理想的なのでしょう。が、残念なことに国内の一般的な鑑別書で産地の表記まではできなかったり、流通ルートも多岐にわたるため業界全体でシステムを整備するのは非常に難しそう...。それでも可能なかぎり、その色石がいつ頃どこで採れたものか、現地の状況や研磨の基準など業者さんに細かくヒアリングする事で、お客様に精度の高い情報をお伝えできればと考えております。




今回予定していた買付けを終え、帰り際に混雑を避けるため迂回して通った通路でふと目にした初見の業者さんの棚に、一寸気になる色のルースを発見。少しグレーをかんでいるものの独特なネオンカラーが気になりケースをチェックしますと、何とパライバトルマリンの表記。
僅かにくすみを帯びたブルーグリーン、オーバルシェイプの一端に滲むイエローが個性的です。3ct以上のカボションカットで比較的インクルージョンの少ないものは珍しいので買い付けされた方に聞いてみると、なんとこのルースは手違いでカボションになってしまったというのですΣ(*o*)!!




ドイツの採掘業者が掘り当てたこのルース、セオリーではこのクラスの透明度が高くインクルージョンの少ない石はファセットの入ったカット指定で研磨に回されるのですが、何らかの手違いで「カボション」と指定され研磨してしまったそう。そのまま使い道が無くデッドストックとして金庫にしまわれていたものを、昔の素材を買い付けていた業者さんが見つけて輸入し、更に見本市の初日に通りかかった私の元にやってきたという訳です。パライバトルマリンのカボションは常に探していますがなかなかお目にかかれないと思いきや、偶然が重なりこうしてふいに巡り会えることも。




写真では色味が正確に再現できないのですが、こちらは曇ったラグーンブルーに交錯するインクルージョンが浮かび上がる6.6ctのルース。歪なシルエットはクチュール仕立ての風格です^^
2つのユニークなトルマリンは、現在成分分析にかけており年明けには手元に戻ってくる予定です。もしかしたら1月の1dayサロンや春の個展でお目にかけられるかも知れません☆

慌ただしくなりがちな大晦日、皆様どうぞ穏やかで良い新年をお迎え下さいませ*


Tamako Tsuda